職業=ときどき講師。

独立することを期に、挑戦してみたい事がいくつかありました。
その中の一つが、「講師」として「学校で教える」ことでした。
会社員では時間的な制約がありできない事だったので、独立を機に、是非挑戦したいことで、いくつかある中でも優先順位が高い目標でした。
仕事でも指導することや、登壇する機会が何度もあったのですが、それが意外に好きだった事と、学生時代にお世話になった先生方への憧れもあるのだと思います。
幸いなことに独立後、直ぐに母校からご依頼いただいてスタートさせることができました。
 始まる前から分かってはいた事ですが、予想通り「悪戦苦闘」の日々。(笑)
。。。続けるうちに、これが毎週の楽しみに変わって行き、何とか1年間をやり遂げることができそうです。
改めて感じ、再認識できたことは、「教える」と言うことは、逆に「教えられる」ことでもあるというです。「教える」=「教えられる」この事と、悪戦苦闘の日々の事は、また後日ブログに書かせていただこうかなと思います。
 まずは、1年間やり遂げれそうな見通しに安堵の気持ちを込めて。
※写真は実習の授業の一コマです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

2019年 スタート。